ホームへ

お知らせ

第2回助成事業報告会を開催しました

2019年10月25日

 認定NPO法人消費者スマイル基金は、10月25日に主婦会館プラザエフ5F会議室において、第3回通常総会を開催し、2018年度事業報告及び決算報告の承認と、2019年度事業計画及び予算案の確認をいただきました。2018年度は、個人会員89名、団体会員78団体(賛助会員含む)、寄付金総額3,596,175円となり、改めまして、ご支援をいただきました皆様に感謝申し上げます。

 通常総会後に、当基金の「助成事業」の報告会を開催しました。冒頭、消費者庁長官 伊藤明子様からご挨拶を頂戴しました。続いて、第2回助成事業対象5団体、第3回助成事業対象7団体から、当基金の助成による活動事例の報告をいただきました。後半は、「消費者団体訴訟制度と消費者スマイル基金の役割」と題して、阿南久(一般社団法人 消費者市民社会をつくる会代表理事)、坂倉忠夫(公益社団法人 消費者関連専門家会議専務理事)、髙巌(麗澤大学大学院教授)各氏による鼎談を行いました。

 当基金は、2019年10月7日に認定NPO法人となり、この日以降の寄付は、税制優遇の対象となります。消費者被害の防止・救済と、公正な市場の維持のために活動を行う全国の消費者団体への支援のために今後も力を尽くしてまいりますので、引き続きご協力をお願いいたします。

●第2回助成事業報告会 資料はこちら