ホームへ

お知らせ

第1回助成報告とシンポジウム「スマイル基金は今後も助成を続けられるか!!」を開催しました

 定時総会終了後のシンポジウムでは、初めにご来賓の岡村和美消費者庁長官よりご挨拶をいただきました。「消費者庁としても消費者スマイル基金を全国に知らせていきたい」という力強いお言葉をいただきました。

 次に、第1回助成事業にて活動支援した6団体の皆様から、助成の成果について報告をいただきました。残念ながらご来場いただけない団体からはビデオメッセージをいただきました。支援に対して感謝のお言葉を頂戴しました。

【助成報告いただいた団体】

  • 特定非営利活動法人 消費者支援機構福岡
  • 特定非営利活動法人 ひょうご消費者ネット
  • 特定非営利活動法人 消費者支援ネットくまもと
  • 特定非営利活動法人 消費者支援機構関西
  • 特定非営利活動法人 埼玉消費者被害をなくす会
  • 認定特定非営利活動法人 消費者支援ネット北海道

 続いてパネルディスカッション「スマイル基金は今後も助成を続けられるか!!」を行いました。消費者団体訴訟制度は今後どのような活用が期待されるのか、消費者裁判手続特例法などの制度をより改善していく上での論点とは何か、消費者スマイル基金に期待される役割とは何か、などについて具体例を挙げながら活発な意見が交わされました。

 助成を続けるのは決して容易なことではありません。しかし「助成を続けていく!」という強い意志で、スマイル基金と関わる全ての関係者が消費者被害の防止、救済に力を注ぐことが重要、と確認されました。

コーディネーター:
磯辺浩一氏(消費者機構日本専務理事)
パネリスト:
廣瀬健司氏(消費者庁消費者制度課長)
今井純子氏(NHK解説委員)
鈴木敦士氏(弁護士・消費者スマイル基金監事)
長谷川裕美氏(お茶の水女子大学学生)